タイトル

GreenTeaLikes

奥深い緑茶の魅力を探る

ウーロン茶や紅茶などお茶の中でも緑茶は特に体に良いと注目されています。緑茶を飲むと心臓の動脈が柔軟になるため心臓病のリスクが減り、抗酸化物質が血管のつまりを防いでくれます。またカテキンには風邪予防やコレステロールを低下させる働きがあります。現代病ともいえる肥満にも効果があり、1日5杯の緑茶でより多く脂肪が燃焼されることが分かっています。そして毎日飲んでいると老化が遅くなり、ボケ防止になるなど薬いらずのお茶ですが、日本茶の歴史は古く、奈良・平安時代に遣唐使がお茶の種を持ち帰ったことが始まりといわれています。この頃はまだ貴族など限られた人しか飲むことのできない貴重な物でした。鎌倉時代末期には茶道のもとである茶の湯が急速に広まり、やがて千利休らによって茶道が完成していきます。またお茶は蒸熱と呼ばれる蒸し工程で性格が決まると言われており、短い時間で蒸す浅蒸しだとすっきりした味わいで香りが強く、お茶を淹れたときの色は澄んだ緑色になります。逆に長い時間蒸す特蒸しや極蒸しコクのある味わいで香りが弱く、お茶を淹れたときの色は濃く深い緑色になります。その種類によって淹れ方が違うので、美味しい淹れ方を工夫して楽しみましょう。

緑茶の種類や美味しさについて

緑茶は日本で生産されているお茶の大部分を占めています。そして、製法としては蒸し製法が多くなっており地元で消費するために一部で釜炒りもあります。このような緑茶でもっともよく飲まれているのが煎茶です。蒸し時間をより長くしたものを深蒸し煎茶といいます。渋みが青臭みがなく飲みやすいのが特長です。深蒸しにすることで有効成分がより摂取しやすくなります。この他、新芽を太陽の光をさえぎって育てることでうま味をもたせて渋みを少なくした玉露も人気があります。玉露よりも光をさえぎる期間を短くしたお茶はかぶせ茶といいます。茶葉を揉まないで乾燥させたお茶をてん茶といい、石臼で挽くことで抹茶になります。抹茶は飲む以外にも料理やお菓子を作る際に使用されます。この他いろいろな緑茶があり、種類によって入れ方にもこだわることで美味しさをより引き出すことができます。お茶をいれる際に使用する水としておすすめなのは軟水です。水道水を使用する場合は、一度沸騰させてからお茶を入れると美味しくなります。また、お湯の温度についても種類によって最適な温度があるので覚えておきましょう。保存する場合は、遮光性があって密封性に優れた容器を使うと美味しさが長持ちします。

『緑茶』 最新ツイート

@caster_fox_bot

@heksksnhdlsnd おかえりなさいませ、ご主人様。お勤めの後は、緑茶と羊羹をば。 あとは~、ナデナデしてくださいね、ご主人様♥

20秒前 - 2015年05月25日


@happy0716sawa

緑茶ハイうめぇーwwwwwwwwwww

21秒前 - 2015年05月25日


@shinosusuki

なんで緑茶ならいくら飲んでも平気なのに、コーヒーはダメなんだろう。カフェインだけの問題じゃないからだろうけど、じゃあいったい何が?

23秒前 - 2015年05月25日


 

Copyright 2015 GreenTeaLikes  All Right Reserverd